【iTunes12.7対応】iPhoneの着信音を作成する方法

iPhone

 

追記

iTunes12.7以降に対応しました。

また、同期しても着信音が反映されない場合についても記載したのでご参照ください。

 

iPhoneを使用している時、必ず着信音を設定すると思います。

アラームや電話の着信で使用する着信音ですが、自分の好きな曲を鳴らしたいですよね?

今回はそういった方へ向けて、着信音の作成方法を解説していきます。

 

iPhoneで着信音を作成する方法

今回はiTunes Storeで購入した米津玄師さんの「ピースサイン」を例に解説します。

 

着信音にしたい部分を選択

まずは着信音にしたい部分を決めます。

ここで注意点なのですが、iPhoneでは40秒以上の曲は着信音に設定できませんサビが長い曲などには気をつけましょう。

今回はピースサインの1番のサビを着信音にします。

 

選択部分の切り出し

まずはiTunesを起動します。

 

ライブラリから着信音にしたい曲を右クリック→プロパティを選択します。

 

プロパティが開かれるので、オプションのタブを選択します。開いたら、開始と停止にチェックを入れます。

 

曲を聞きながら、サビの部分の時間を切り出します。ピースサインだと以下の時間が1番のサビの範囲になります。

曲の出だしはカットを雑にすると特に目立つので、コンマ単位までしっかり設定した方が無難です。

 

開始時間と停止時間の設定が終わったら、曲を選択した状態でメニューバーのファイルから変換→AACバージョンを作成を選択します。

 

これで1番のサビだけのファイルが作成されました。これで切り抜き作業は終わりです。

作業が終わったら、元の曲のプロパティから開始と停止のチェックを外しておきましょう

 

 

拡張子の変換

切り抜いたファイルは、元の曲と同じフォルダに保存されています。曲の後ろに 1 が追加されている方が新たに作成したファイルです

 

切り抜いたファイルを選択して、拡張子をm4aからm4rに変更します。

 

iTunesへ移動

iTunesのバージョンが12.7以降の場合

iPhoneをPCにLightningケーブルで有線接続して、iPhoneのメニューを開きます。

サイドバーに、着信音という項目があるのでクリックし、作成したファイルをドラッグアンドドロップします。

 

曲が着信音の中に入ったのを確認したら、同期をクリック。

iPhoneで設定→サウンドから着信音を選択すると、曲が入っているのが確認できます。

 

以上で作業完了です。お疲れ様でした。

 

 

※もし同期しても反映されない場合

iPhoneXS等新しい端末や、iOSのバージョンによっては上記の方法で着信音が反映されない場合があります。

その場合、以下の方法を参考にしてください。

 

PC内にある、iTunesのフォルダを探して開きます。

中に「iTunes Media」というフォルダがあるので、その中に「Tones」というフォルダを作成してください

Tonesの中に、作成した着信音を入れます。

後は先程と同様に、iTunesの着信音の中にファイルをドラッグアンドドロップしたら、iPhoneに着信音が反映されるようになります。

 

iTunesのバージョンが12.7より前の場合

変更したファイルを、iTunes上にドラッグアンドドロップします。

すると、着信音のところに曲が表示されています。

 

iPhoneを接続して、着信音を選択します。

 

 

着信音を同期にチェックを入れて、iTunesで同期を行えば終了です。

iPhoneで設定→サウンドから着信音を選択すると、曲が入っているのが確認できます。

 

 

以上で作業は終了です。お疲れ様でした。

 

※もし作成した着信音の音質に違和感を感じた場合・・・

↓こちらをご覧ください

自作したiPhoneの着信音の音質が悪い?改善方法まとめ