作業を効率化させるためのMacアプリ紹介

レビュー

 

こんにちは、タカキです。

Macをしばらく使っていて、便利だなーと思ったアプリをまとめてみました。

 

特定の分野で役立つというよりは、Macの日常的な利用を快適にするアプリの紹介になります。

 

では、以下記事に入ります。

無料アプリ

Franz

Gmailやチャットツールを一括で管理できるアプリです。

メールやSlack、メッセンジャーやチャットワークなどクライアントによって使う連絡ツールは多岐に渡ります。

 

Franzはこれらのアプリをインストールする必要がなく、Franz1つだけ開いておけば全て済むという非常に効率的かつ便利なアプリです

 

ただしFranz内にアプリを入れすぎるとかなりPCのメモリを消費するのが欠点・・・

 

詳細は以下の記事で解説しています。

【ツール紹介】Gmailやチャットツールを一括管理できるアプリ「Franz」

 

Franzのダウンロードはこちら

 

Clipy

コピーしたものを一時的に保存しておくアプリです。

 

起動するとメニューバーにアイコンが現れます。

 

文章でも画像でも、コピーしたものはここに格納されていきます。

 

貼り付けたいときは、ここのメニューから選択すればコピーしたものをポンッと貼り付けられます。

 

デフォルトは30項目までですが、環境設定でコピーしておける項目を増やすことができます。

2つ以上の項目をコピーしたいとき、とりあえずで両方コピーしておけるのが便利です。

 

Clipyのダウンロードはこちら

 

有料アプリ

※有料アプリの価格は全て2019年1月1日時点のものです。

1Password

言わずと知れた、有名なパスワード管理アプリです。

1Passwordの料金形態はサブスクリプション(月額or年額契約)スタンドアロン (買い切り)の2パターンがあります。

買い切り版はアップデートしたら使えなくなる可能性があるので、現在はサブスクリプションが主流になっています。

 

公式サイトやアプリ版、月額と年額で価格が別れていたりと料金形態がめちゃめちゃ複雑になっています。

以下の記事が参考になります。

https://felizfeliz.net/1password-price/

 

調べるのが面倒だったら、公式サイトから年額で契約しておけば問題ないかと・・・

 

実際の使い道は簡単で、まずは1Password用のマスターパスワードを作成します。

 

あとはサイトごとに、URLに対してIDとパスワードを登録していきます。

パスワードは1Passwordが自動生成してくれるので、セキュリティが強力なやつにしておきましょう

 

実際使うときは、ログイン画面に以下のような1Passwordのアイコンが出てきます。

クリックすると、1Passwordのマスターパスワード入力画面が出てきます。

あとはこれを入力してあげれば、1Password側でIDとパスワードを自動で入力してくれます。

 

Touch IDやFaceIDがついたMac、iPad、iPhoneならマスターパスワードの入力を省略できます。

特にiPadとiPhoneはiOS12になってから、パスワード入力フォームで1Passwordを立ち上げてくれるようになったので使い勝手がかなり向上しています。

 

Web制作においてもパスワード管理はかなり重要な項目です。

WordPressのログイン情報に脆弱なパスワードを用いると簡単にハッキングされてしまうので、1Passwordなどを用いて強固なパスワードに変更しておきましょう。

 

Yoink

こちらは一時的にファイルをドラッグ&ドロップで保存しておけるアプリです。

価格は960円と、若干高めです。

 

実際の使い方は以下の記事で解説しています。

【Macツール紹介】ファイルの扱いを簡単にするアプリ「yoink」

 

多分今回紹介する中で一番使っているアプリです・・・

MacBookのような狭い作業領域では間違いなく大活躍します。

 

Better Snap Tool

簡単にウィンドウサイズを変更・綺麗に配置するアプリです。

価格は360円で、購入すると後述するBetter Touch Toolもセットで入手できます

 

使い方に関しては実際に見てみた方がわかりやすいと思います。

以下の動画の1:04~から

 

ウィンドウをドラッグして画面の上部や右側に持っていくことで、ウィンドウサイズを変更しています。

わざわざウィンドウを使わずとも、Command + 矢印のショートカットキーで操作も可能です。

 

Windowsを使用したことがある方には割と馴染み深い機能ですね。

むしろなぜMacにデフォルトで存在しないのか・・・

 

Better Touch Tool

Macのトラックパッドに新たな機能を付与するアプリです。

このアプリは

1.開発に寄付(565円〜)してアクティベートする

2.Better Snap Tool(360円)を購入してアクティベートする

個人的には2のBetter Snap Toolの購入をおすすめします。こちらの方が安いし2つのアプリが入手できてお得なので。

 

具体的な導入方法や使い方は以下の記事が詳しいです。

Mac神アプリ!BetterTouchTool(BTT)の使い方と導入方法を解説。

 

参考までに、僕が普段ブラウザで使用しているのが以下の3つです

・2本指タップ:新しいウィンドウを開く

・3本指左右スライド:タブ切り替え

・3本指下にスライド:タブを閉じる

特に2本指タップの新しいウィンドウを開くはかなりの頻度で使っています

もうこれ無しでトラックパッド操作は考えられない・・・_(:3 」∠)_

 

Duet Display

iPadやiPhoneをMacの外部モニタとして使用できるアプリです。

Mac版のダウンロードは無料ですが、iPad・iPhone側のアプリが有料で1200円(2019年1月1日時点)になります。

 

iPhone版も売っていますが、おそらくほとんどの方はiPadでの使用になると思います。

実際に使用したときの画像がこちらです↓

MacBook Pro13インチとiPad Pro12.9インチの画面サイズがほぼ同じなので(縦横比は若干異なります)、単純に作業領域が2倍になり非常に捗ります。

 

旅行先やカフェなどどこでもデュアルディスプレイ化が実現できるので、iPadをお持ちの方にはおすすめのアプリです

 

Mac版のダウンロードはこちら

 

まとめ

 

また面白そうなアプリを見つけたら追記していこうと思います٩( 'ω' )و